闇金はあなたのすぐ近くにいる

このブログでは闇金のことを書いていますが、
そもそも闇金業者なんて本当にいるの?…と、健全な生活を送られている方は思うかもしれませんね。確かに、しっかり仕事をして健全な生活を送られている方にとっては闇金は実際に存在するかどうかも分からないような遠い存在かもしれません。

でも、本当にお金に困ると不思議とこの闇金という業者が近くに感じてきます。

今でこそ少なくなりましたが、昔は電柱などに電話番号と意味深な言葉だけ書かれた張り紙がありました。意味深な言葉とは、『お急ぎなら』とか、『お困りなら』のような分かる人には分かるようなとてもキャッチーな言葉です。

なぜ電柱の張り紙が少なくなったかというと、今はインターネットなどでそういう人に呼び掛けることが出来るからです。電柱への張り紙自体違法なことですから、闇金業者としてもインターネットの方がリスクが少ないからですね。

また、闇金は何も都会ばかりでなく、地方都市にも数多く存在します。
いわば、あなたのすぐ近くに闇金業者はいますし、闇金業者からお金を借りている人もいるのです。

実際私も、飲み会などで仕事何してるの?と聞かれた場合、金融関係とだけ言っていました。
普通、金融関係と言って闇金だなんて誰も思いませんからね。但し、闇金をやっている人の身なりというのはやっぱりそれなりの恰好をしています。理由は、貸す時や取り立てなどを行う時に相手を威圧する必要があるからです。なめられてはいけないので、ちょっと近寄り難いような身なりの人が多いです。

そういう身なりで金融関係という人がいたとしたら、その人はもしかしたら闇金をしている人かもしれませんね。

あなたが普段何気なく過ごしている社会にも、闇金という落とし穴は確実にあります。
どうか、その落とし穴に落ちないよう注意して下さい。

一度落ちてしまったら這い上がることはとても難しい…、もしくは二度と戻ってこれない可能性があることを覚えておいて下さい。